忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1804.10618
Suissa & Kipping (2018)
TRAPPIST-1e Has a Large Iron Core
(TRAPPIST-1e は大きな鉄のコアを持つ)

概要

TRAPPIST-1 系は,系外惑星の大気と内部構造を理解するための良い研究対象である.

これら複数の惑星間の重力的相互作用は,トランジット時刻の変動を生み出す.この手法を用いて,Grimm et al. (2018) では TRAPPIST-1 系の惑星の質量が 5% - 12% の精度で測定されている.

これらの質量と,それぞれの惑星の 5% 未満の精度で測定された半径を用いて,Suissa et al. (2018) の手法を適用して各惑星のコア半径割合 (core radius fraction, CRF) の最小値と最大値を推定した.

その結果,CRF がゼロでない最小値を持つことが確実なものは TRAPPIST-1e のみであり,CRF は 49% より大きく 72% より小さい値となった.これは地球と近い値である.そのため,TRAPPIST-1e は,地球に似た大きな鉄のコアを保持している可能性がある.さらにこの惑星は地球サイズであり,TRAPPIST-1 まわりの温暖な領域の中に位置している.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック