忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1509.06068
Testi et al. (2015)
Hunting for planets in the HL Tau disk
(HL Tauの円盤における惑星探査)

概要

ALMAによるHL Tauの撮像観測では、惑星天体によるものかも知れない円盤のギャップ構造が、ダストを含む円盤内に発見された。
もし惑星が存在するのであれば、この系の若い年齢を考慮すると、惑星形成のタイムスケールは短いことを示しており、円盤の重力不安定と関係している可能性がある。

この説を確認するために、Large Binocular Telescope Interferometerの中間赤外線カメラを用いて、L'バンドでHL Tauの撮像観測を行った。
この望遠鏡の観測では、~ 70 AUの明確なダストのdipの場所において、contrast levelが ~ 7.5 magであった。

観測の結果、点源は発見されなかった。
惑星の進化モデルを考慮すると、10 - 15木星質量を超える惑星は存在していないという上限値が与えられる。

観測されたミリメートル波長での構造は、円盤の中心平面での大きな粒子の分布におけるギャップ構造を示しているという可能性がある。
この構造は、円盤に完全なギャップを開けることが出来るものよりも軽い惑星によって作ることが出来る。
将来のALMAによる分子ガスの密度と運動の観測と、高コントラストの赤外線観測から答えが出ると考えられる。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック