忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1901.05338
Affer et al. (2019)
HADES RV programme with HARPS-N at TNG. X. A super-Earth around the M dwarf Gl686
(TNG の HARPS-N による HADES 視線速度プログラム X.M 矮星 Gl 686 まわりのスーパーアース)

概要

HArps-n red Dwarf Exoplanet Survey (HADES) では,スペクトルサブタイプの狭い範囲における詳細な視線速度測定の徹底した解析を通じて,低質量惑星の現在の統計を広げることに対して大きな貢献をしている.HARPS-N 分光器を用いることで,数地球質量の小さい惑星を検出するのに必要な精度に到達している.

このサーベイは,北半球から観測できる M 型矮星に主に注力している.このプログラムの一部として,Gl 686 (グリーゼ686) の視線速度を取得した.この恒星は 8.2 pc の距離にある M1 矮星である.これらの視線速度測定では,その内部誤差を大きく超える視線速度の分散の存在が示された.
集中的な観測キャンペーンによって得られたデータの解析から,この超過分散は 15.53 日周期のコヒーレントシグナルによるものであることを示す.

APACHE と EXORAP プログラムによってほぼ同時期に測光観測も行われ,これによって恒星活動を特徴付けた.これは恒星活動に関連した周期的な変動と惑星の伴星の存在によるシグナルとを区別するために行われたものである.また ASA 測光データを用いても補完を行った.軌道要素と惑星の最小質量を推定するためのベイズフレームワークを使用し,また恒星活動由来のノイズを適切に取り扱った.

他の観測キャンペーンから利用可能なこの天体の視線速度測定の利用可能なデータも使用した.HIRES,HAPRS と HARPS-N での 20 年以上にわたる観測で取得された視線速度データを用いて解析を行った.これにより,この周期的なシグナルと,恒星の物理パラメータの特徴付けを行った.

その結果,スーパーアースの検出に成功した.
検出されたのは Gl 686b (グリーゼ686b) であり,軌道周期 15.532 日,7.1 地球質量である.

恒星の活動指標の解析とガウシアン過程フレームワーク,および測光観測データから,恒星の自転周期は 37 日と推定される.また 20 年以上にわたる長期間における黒点の配置の変動の存在が明らかになった.観測された 2000 日程度の恒星の周期性は,恒星の活動サイクルが存在していることを示唆する.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック