忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1905.04625
Mills et al. (2019)
CKS VIII: Eccentricities of Kepler Planets and Tentative Evidence of a High Metallicity Preference for Small Eccentric Planets
(CKS VIII:ケプラー惑星の離心率と小さいエキセントリック・プラネットは高金属量を好む暫定的な証拠)

概要

惑星の軌道配置と形成環境の軌道離心率分布への依存性を特徴付けることは,惑星形成を理解する上で有意義である.ここでは,トランジット系外惑星の離心率に関する統計的な研究を行った.

ケプラーで測定されたトランジット継続時間と,California-Kepler Survey および Gaia の観測による詳細で正確な恒星半径と組み合わせた解析を行った.トランジット継続時間から離心率分布を特徴付けた過去の研究と比較して,この研究では恒星半径をより高精度 (~3%) で測定することができており,また解析に用いた惑星数も多い (~1000 個).

解析の結果,単独のトランジット惑星のみが観測されている惑星系では平均の軌道離心率が ~0.21 であり,これは複数のトランジット惑星を持つ惑星系の平均である ~0.05 よりも大きかった.これは過去の研究と一致する.

ここでは,単一のトランジット惑星の系において,軌道離心率が大きいものと小さいものの下位集団が存在する傾向を確認した.さらにケプラーのサンプル中において,高軌道離心率の惑星は金属量が大きい ([Fe/H] > 0) 恒星の周りに多い傾向があるという新しい暫定的な証拠が得られた.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック