忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1908.00132
Brittain et al. (2019)
High-Resolution Near Infrared Spectroscopy of HD~100546: IV. Orbiting Companion Disappears on Schedule
(HD 100546 の高分散近赤外線分光:IV.公転する伴星が定期的に消失する)

概要

HD 100546 はハービッグAe/Be 星で,周囲に円盤を持っており,その円盤は内側にガスとダストが排除された大きな中心領域 (inner hole) を持つ.

高分散近赤外線分光観測では,CO の回転振動放射の輝線スペクトルが豊富に見られ,その時間変動の特徴からは,内側の穴の中を公転する天体が存在することを示唆している.ドップラー偏移と CO v = 1-0 P26 線の分光位置天文シグナルが 2003-2013 年にかけての観測で得られており,これは円盤の内縁付近を公転する CO の超過放射の起源と整合的である.これら超過放射の特徴は,周惑星円盤によるものと整合的である.

ここでは,超過放射を出している公転天体が,2017 年に外側円盤の内縁の手前側に隠されて見えなくなるだろうという,過去の予測を確認するフォローアップ観測について報告する.観測の結果,CO 線は 2017 年に変わらない状態で残り,v = 1-0 P26 線とその分光位置天文シグナルは 2003 年に観測された分布に戻ったことを発見した.
これらの新しい観測から,放射の起源についてさらなる制約を与え,内側円盤内の公転する惑星天体の存在を確認する可能な方法について議論する.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック