忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1908.06994
Dupuy et al. (2019)
WISE J072003.20-084651.2B Is A Massive T Dwarf
(WISE J072003.20-084651.2B は重い T 型矮星)

概要

太陽系近傍の M9.5 星と T5.5 星の連星である WISE J072003.20−084651.2AB (別名:Scholz’s star,ショルツ星) の,独立した力学的質量の測定について報告する.これは,CFHT/WIRCam photocenter astrometry と Keck の補償光学で分解された撮像観測を元にしており,視差による距離 (6.80 (+0.05, -0.06) pc) の測定と,軌道周期 (8.06 (+0.24, -0.25) 年) の初めての高品質の測定である.

軌道離心率は 0.240 とやや偏心した軌道であり,少ないデータに基づいた過去の報告とは非整合的である.力学的質量はそれぞれ 99 ± 6 木星質量と 66 ± 4 木星質量である.

主星 WISE J072003.20−084651.2A の質量は,経験的な質量-等級-金属量関係,および主系列星のモデルとやや不整合であった (2.1σ).
また,比較的高質量の伴星の褐色矮星 WISE J072003.20−084651.2B が低温 (有効温度 1250 K) であることは,この天体の年齢が数十億年よりも年老いていることを示唆する.これは主星の年齢推定と調和的である.伴星の質量は,散在星における恒星と亜恒星の境界として最近推定されている 70 木星質量と整合的である.

今回の観測によって改善された視差と固有運動,および軌道の補正をした連星系の速度は,この系の太陽系への近接遭遇の精度を一桁改善した.この系は 8 万 500 年 ± 7000 年前に,太陽から 6 万 8700 AU ± 2000 AU 以内の距離を通過したと考えられる.この距離は,彗星が安定な軌道を持てる外オールトの雲の領域である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック