忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1909.12424
McCormac et al. (2019)
NGTS-10b: The shortest period hot Jupiter yet discovered
(NGTS-10b:これまでに発見された最も短周期のホットジュピター)

概要

Next Generation Transit Survey (NGTS) による,新しい超短周期のトランジットするホットジュピターの発見を報告する.

NGTS-10b は,2.162 木星質量,1.205 木星半径,軌道周期が 0.7668944 日であり,ホットジュピターの中では最も短周期である

中心星 NGTS-10 は,104 億歳の K5V 星で,有効温度が 4400 K,金属量は [Fe/H] = -0.02 で太陽金属量とほぼ等しい.また穏やかな恒星活動の兆候が検出された.

NGTS-10b は,恒星と惑星の潮汐相互作用を研究するための主要なターゲットとなる,超短周期木星型惑星のリストの新しい一員である.
惑星は中心星の 1.46 ロッシュ半径の位置を公転しており,残る落下までの時間の中間値は 3800 万年である.今後 10 年の間に 7 秒という,測定できる可能性のあるトランジット時刻の変化が予想される.これは恒星の潮汐の Q 値として 2 × 107 を仮定した場合の値である.

超短周期のホットジュピター

4000 個以上発見されている系外惑星のうち 337 個が,WASP や HAT-Net,HAT-South,KELT といった地上からのサーベイで発見されたものである.地上からの発見の大部分はホットジュピターで,0.1-13 木星質量,軌道周期は 10 日以下である.

超短周期の,軌道周期が 1 日未満の惑星は理論的には検出が最も容易だが,非常に希少であることが示されており,337 個のうち 6 個のみが周期 1 日未満である.その 6 個は,WASP-18b,WASP-19b,WASP-43b,WASP-103b,HATS-18b,KELT-16b である.
また最近になって軌道周期 0.88 日の NGTS-6b も発見されており (Vines et al. 2019),知られている超短周期ホットジュピターは 7 個となっていた.

今回発見された NGTS-10b は軌道周期が 0.766891 日で,これらの中で最も短周期である

この惑星は NGTS で 10 番目に発見されたものである.なお NGTS での発見のうち 1 つは,M 型星を公転する,超短周期の潮汐固定された褐色矮星 (NGTS-7Ab,Jackman et al. 2019) である.そのため惑星の発見としては 9 番目である.

パラメータ

NGTS-10
スペクトル型:K5V
有効温度:4400 K
金属量:[Fe/H] = -0.02
質量:0.696 太陽質量
半径:0.697 太陽半径
自転周期:17.290 日
NGTS-10b
軌道周期:0.7668944 日 (18.4 時間)
質量:2.162 木星質量
半径:1.205 木星半径
密度:1.430 g cm-3
軌道長半径:0.0143 AU
平衡温度:1332 K

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック