忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1910.05853
Luque et al. (2019)
Precise radial velocities of giant stars XIII. A second Jupiter orbiting in 4:3 resonance in the 7 CMa system
(巨星の精密な視線速度 XIII.おおいぬ座7番星系中の 4:3 共鳴で公転する 2 番目の木星型惑星)

概要

K 型巨星 7 CMa (おおいぬ座7番星) を公転する,2 つ目の惑星を発見した.これは,Lick,HARPS,UCLES,SONG を用いた 166 セットの高精度視線速度観測に基づくものである.

周期解析の結果から,視線速度変動中におよそ 745 日と 980 日周期のシグナルを発見した.これを 2 つのケプラー軌道でフィットした結果,2 つの木星に似た惑星で,最小質量が 1.9, 0.9 木星質量と推定され,軌道長半径はそれぞれ 1.75, 2.15 au である.

惑星の軌道間隔が小さく,また惑星の最小質量が大きいことから,観測の期間内で近接遭遇が発生する可能性があるため,より正確な N 体力学モデリングを実行した.
力学的なベストフィット解は惑星が衝突を起こすという結果となったため,惑星系のベイズフレームワーク中での長期間の安定な軌道配置を調査した.その結果 13% のサンプルで少なくとも 1000 万年の間安定となった.

安定性解析の結果からは,2 つの惑星は低軌道離心率の 4:3 平均運動共鳴に捕獲されていることが示唆される.惑星が 4:3 共鳴に入っていることが分かっている系としては 3 番目の発見であり,このような惑星系は惑星形成と軌道進化モデルにおいて重要である.
なお,その他の 4:3 共鳴の発見例は,HD 200964 系と HD 5319 系である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック