忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1911.05025
Ahlers et al. (2019)
Gravity-Darkening Analysis of Misaligned Hot Jupiter MASCARA-4 b
(非整列ホットジュピター MASCARA-4b の重力減光解析)

概要

MASCARA-4b は,高速自転する A3V 星を,恒星の赤道面から大きく傾いた軌道で公転するホットジュピターである.この系は,Transiting Exoplanet Survey Satellite (TESS) によって 54 日間にわたって観測された.

この惑星系について,恒星の重力減光モデルを用いて 2 種類の解析を行った.
まず,惑星の傾いた軌道配置を TESS の測光光度曲線のモデリングから測定した.中心星の重力減光 (gravity darkening) を受けた恒星表面に起因する惑星の非対称なトランジット光度曲線を利用して,実際の spin-orbit 角度を 104° と測定した.

また,軌道位相が 0.491 の時に ~4σ で二次食を検出し,惑星の軌道がやや離心率を持つことを示した.

次に,惑星が受ける輻射を重力減光を含めてモデル化し,惑星が受ける XUV フラックスは軌道を一周する間に 4% 変動することを見出した.

この惑星の軌道が短周期で,かつ大きく傾いた極軌道であることは,惑星が現在の軌道配置に落ち着くまでに大規模な軌道進化を経由した可能性があることと,および変動する恒星輻射を受けているため惑星が熱平衡状態になっていない状態に置かれていることを示唆している.

MASCARA-4b について

MASCARA-4b (別名 bRing-1b) は,2.82 日周期の大きく傾いた軌道を持つホットジュピターである.中心星は HD 85628 (TIC 371443216) で,スペクトル型は A3V,等級は V = 8.19 と明るい恒星である (Dorval et al. 2019).
この惑星は TESS の sector 10, 11 の期間にも観測されている.惑星質量は 3.1 木星質量と推定されている.

極軌道で公転していることが分かっており,射影した傾斜角は 247.5° である.これはドップラートモグラフィーを用いて測定された.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック