忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1512.02559
Wang et al. (2015)
Planet Hunters. VIII. Characterization of 41 Long-Period Exoplanet Candidates from Kepler Archival Data
(Planet Hunters VIII ケプラーアーカイブデータの 41の長周期系外惑星候補の特徴付け)

概要

軌道長半径が 1 AUより大きい系外惑星の存在数の調査はまだ不十分である。ここでは、ケプラーのデータに基づく、Planet Huntersプロジェクトによる 38の系での 41個の長周期惑星候補の解析を行った。これらのうち、17例は 1回のみトランジットを起こし、14例は 2回、10例は 3回以上起こした。

1回しかトランジットを起こしていない惑星候補は、トランジット継続時間と中心星の特性から軌道周期を推定した。これらのうち 75%の大多数は、軌道長半径 1 - 3 AUに相当する。

また、中心星を特徴付けるために撮像観測と分光観測も行った。背景星の混入の影響を評価するため、33つの恒星の撮像観測を行った。うち、6つでは 4" 以内に恒星質量の伴星が存在することが判明した。また、物理特性の決定のため 6つの較正を高分解能の分光観測を行った。その他の恒星については、NASA Exoplanet Archiveと Kepler Stellar Catalog (Huber et al. 2014)からデータを取得した。

解析の結果、7つの惑星候補を確認した
トランジットを 1回のみ起こした惑星3つ (KIC 3558849c, KIC 5951468b, KIC 8540376d)、2回起こした惑星 3つ (KIC 8540376c, KIC 9663113c, KIC 10525077b)、4回起こした惑星 (KIC 5437945c)である。

今回の解析を行ったうちの、少なくとも 3回のトランジットを起こした長周期の惑星のうち半数以上が、最大で 41時間のトランジット時刻変動を起こした。これは惑星 (惑星候補)と相互左右している天体が存在する可能性を示している。さらなるトランジットや視線速度観測でそれらの天体の存在が明らかになると考えられる。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック