忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1512.07316
Wittenmyer et al. (2015)
The Pan-Pacific Planet Search. IV. Two super-Jupiters in a 3:5 resonance orbiting the giant star HD33844
(The Pan-Pacific Planet Search IV. 巨星 HD 33844 を公転する3:5共鳴にある2つの巨大木星型惑星)

概要

視線速度法を用いて、HD 33844 の周りに 2つの巨大惑星を発見した。2つ共にほぼ円軌道であり、軌道長半径はそれぞれ 1.60, 2.24 AU である。最小質量は 1.96, 1.76木星質量である。

N体シミュレーションによる軌道安定性の解析では、2惑星の軌道が低軌道離心率の場合、106 以上に渡って安定であることが確認された。また、3:5 の平均運動共鳴に入っている可能性が高い。

系のパラメータ

HD 33844

スペクトル型:K0III (巨星)
質量;1.78太陽質量
半径:5.29太陽半径
光度:14.1太陽光度
有効温度:4861 K
金属量:[Fe/H] = 0.27 dex
距離:100.9 pc
年齢:1.88 Gyr

惑星

・HD 33844b
軌道周期:551.4日
軌道離心率:0.15
軌道長半径:1.60 AU
最小質量:1.96木星質量

・HD 33844c
軌道周期:916.0日
軌道離心率:0.13
軌道長半径:2.24 AU
最小質量:1.75木星質量

誤検出の確認

これらのシグナルが、惑星ではない、偽陽性である可能性についての調査も行った。

両惑星の周期は、AAT, Keck 両望遠鏡での観測の窓関数の期間とは離れている。
また恒星活動についても調べたが、惑星の軌道周期と類似したシグナルは検出されなかった。

さらに Hα 線の吸収についても確認を行った。Hα 吸収線は、M型矮星の活動の指標となるものである (Robertson et al. 2013)。同様に、巨星の活動度の指標としても使用することが出来る (Hatzes et al. 2015)。その結果、惑星のシグナルと思われるものとの相関は見られず、恒星活動による偽のシグナルである可能性は低い。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック