忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1601.05302
Christie et al. (2016)
Axisymmetric Simulations of Hot Jupiter-Stellar Wind Hydrodynamic Interaction
(ホットジュピターと恒星風の流体力学的相互作用の軸対称シミュレーション)

概要

中心星に近いガス惑星は,大きな輻射と恒星風フラックスに晒されている.ここでは,惑星の高層大気と恒星風の相互作用の計算を行い,惑星からの流れが取り得るレジームと,ライマンα線の透過スペクトルにどう影響をおよぼすかの研究を行った.

高エネルギーの原子の影響を調べるため,電荷交換の効果を計算に含んでいる.

トランジットの先行方向のエッジと比較した,後行側の大気のテールの影響を評価するため,軸対称のシミュレーションを行った.また,惑星からの中性粒子の広がりの限界を調べるため,光電離と恒星風の電子衝突電離の効果を含めた.

計算の結果,惑星のガス温度によって惑星からのガスの流れは 2 つのレジームに別れることが分かった.

高温の場合は,超音速の惑星風が吹き出す.この惑星風は恒星風によって向きを変えられ,惑星の後方に尾を形成する.

温度が低い場合は,恒星風が惑星風の音速点であったところまで侵入することによって,惑星風は遮られる.この時は,質量は惑星と恒星風の境界における粘性相互作用によって失われる.

惑星の表面付近で,低温の水素原子による吸収が大きかった.上空へ離れるほど吸収は小さくなる.高温の水素による吸収はリング状の領域で起き,典型的には尾の方向が支配的である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック