忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1602.01967
Renner et al. (2016)
Origin of the chaotic motion of the Saturnian satellite Atlas
(土星の衛星アトラスのカオス的運動の起源)

概要

ここでは,土星の衛星アトラス (Atlas) の力学について再考した.

2004年 2月から 2013年 8月までの,土星探査機カッシーニによる ISS 位置天文学観測から,アトラスは現在,衛星プロメテウス (Prometheus) と,54:53 の corotation eccentricity resonance (CER) と,54:53 の Lindblad eccentricity resonance (LER) の 2 つの共鳴によって擾乱を受けていることが報告されている (Cooper et al. 2015).それによると,アトラスの軌道はカオス的な振る舞いをし,リアプノフ時間は ~ 10年のオーダーであった.これはプロメテウスとの共鳴相互作用の直接的な結果である.

ここでは,2つの共鳴の効果を,CoraLin analytical model (El Moutamid et al. 2014) を用いて調査した.その結果,衛星軌道で占められた共回転領域のほぼ全てがカオス領域で占められている事が判明した.
衛星パンドラとの 4つの apse-type の 70:67 の平均運動共鳴も存在するが,これらの効果は弱い.

周波数解析によって,54:53 共鳴の間の結合について調査した結果,プロメテウスと土星の扁平度による擾乱を含んだシンプルな系のモデルのみが,アトラスの力学の本質的な特徴を捉えることが確認された.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック