忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1603.00174
Heller (2016)
Transits of extrasolar moons around luminous giant planets
(明るい巨大惑星まわりの系外衛星のトランジット)

概要

地球型惑星だけではなく,衛星もハビタブルな環境になることが出来る.系外衛星 (exomoon) はこれまでに発見されていないが,非常に大量に存在すると考えられる.

若い木星型惑星は,晩期 M 型星と同程度に温度が高く,有効温度は最大で ~ 2000 K 程度となる.惑星が中心星から十分離れた位置 (10 AU 程度以上) にあり,その惑星の直接撮像が可能である場合,系外衛星の惑星の手前のトランジットは赤外線での測光観測の光度曲線から検出できるはずである.

衛星は若い惑星からの輻射を受けて加熱され,また潮汐加熱による加熱も存在する可能性がある.中心星からの距離が 5 AU 程度以上の場合は主星からの日射は弱いが,惑星からの輻射や潮汐加熱などの大体のエネルギー源の存在によって,数億年の間に渡って衛星の表面には液体の水が保たれるかもしれない.

ここでは系外衛星のトランジットの検出可能性について考察した.がか座ベータ星b のまわりに,火星サイズで水を豊富に持つ衛星が存在した場合,その衛星のトランジット深さは 1.5 × 10-3 程度となる.これは将来的な技術で観測可能となる範囲である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック