忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1608.04225
Faedi et al. (2016)
WASP-86b and WASP-102b: super-dense versus bloated planets
(WASP-86b と WASP-102b:非常に高密度の惑星と膨張した惑星)

概要

WASP サーベイによる 2 つの惑星の発見を報告する.

WASP-86b は高密度の木星よりやや軽い質量の天体であり,0.82 木星質量,0.63 木星半径である.
WASP-102b は膨張した土星的な惑星であり,0.62 木星質量,1.27 木星半径である.

WASP-102b は,理論的なモデルよりも大きな半径を持ち,強い輻射の影響による半径の膨張を示唆している.

一方で WASP-86b は平均密度が木星の 3.24 倍あり,0.05 - 2.0 木星質量を持つ惑星の中では最も大きな密度を持つ部類に入る.中心星は質量が 1.23 太陽質量,金属量が [Fe/H] = 0.23 であるため,原始惑星系円盤も重元素が豊富にあったと期待される.この系は,外側に別の惑星を持つ可能性がある.

惑星内部構造の理論モデルを外挿すると,WASP-86b は 80%が重元素からなっていると考えられる.この重元素は,コアに存在するかエンベロープに溶けているかである.この割合は,WASP-86b は全質量の ~ 260 地球質量のうち,コア質量が ~ 210 地球質量ある事に相当する.この惑星よりも高密度なのは,2 木星質量より重い惑星のみであり,WASP-86b は例外的な惑星である.

パラメータ

WASP-86系

WASP-86
スペクトル型:F7
有効温度:6330 K
金属量:[Fe/H] = 0.23
質量:1.239 太陽質量
半径:1.291 太陽半径
年齢:0.8 Gyr
WASP-86b
軌道周期:5.031555 日
質量:0.821 木星質量
半径:0.632 木星半径
平均密度:3.24 木星密度
軌道長半径:0.0617 AU
平衡温度:1415 K

WASP-102系

WASP-102
スペクトル型:G0
有効温度:5940 K
金属量:[Fe/H] = 0.09
質量:1.167 太陽質量
半径:1.331 太陽半径
年齢:0.6 Gyr
WASP-102b
軌道周期:2.709813 日
質量:0.624 木星質量
半径:1.259 木星半径
平均密度:0.311 木星密度
軌道長半径:0.0401 AU
平衡温度:1705 K

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック