忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1704.01126
Jermyn et al. (2017)
Tidal heating and stellar irradiation of Hot Jupiters
(ホットジュピターの潮汐加熱と恒星の輻射)

概要

短周期のガス惑星における恒星の輻射と潮汐加熱の相互作用についてのモデルを構築した.ここでは,意図的に単純化された大気モデルを用いることによって問題を解析的に扱いやすくし,また便利なスケーリング則を導出することが可能となった.

解析の結果,提案されている多くの潮汐モデルは熱的フィードバックをもたらし,内部の放射層を形成し,広い共鳴スペクトルを持った増幅された g モード散逸を引き起こすことを示した.また,恒星からの輻射は,これらのモードによって生み出された熱を高い効率で深い領域にトラップすることが示された.

これにより惑星中心の対流領域でのエントロピーが上昇し,これまでに観測されている惑星半径の膨張を説明することが可能となる.熱的に駆動された風はこのプロセスにおいて,光球面から数スケールハイトの範囲内で大気の熱的構造を球対称にすることによって重要な役割を果たす.

惑星半径の膨張を示す要素である軌道周期と中心星の間の関係性を特徴づけ,また膨張のタイムスケールを決定した.これらの g モードは,十分な日射量がある場合は 10 億年のタイムスケールで半径を膨張させておくのに十分であると考えられる.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック