忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1704.01688
Kane (2017)
Worlds Without Moons: Exomoon Constraints for Compact Planetary Systems
(月のない世界:コンパクトな惑星系での系外衛星の制約)

概要

系外惑星の検出における初期の驚くべき発見の一つは,コンパクトにまとまった惑星系の発見である.多くの系外惑星が,中心星から ~ 0.5 AU 以内の距離に発見されている.このようなコンパクトな惑星系は,系外惑星系の軌道の構造として極めて一般的であることを示唆している.

中心星が低質量であるコンパクトな惑星系における興味は,一つ以上の惑星が中心星のハビタブルゾーンの中に存在することである.

地球の生命存在可能性へ寄与した要素の一つとして,一定の大きさの月の存在がある.月による潮汐効果は,地球の自転軸傾斜角の変動を抑え,また惑星表面での潮溜まりの形成率を増加させる.

ここでは,コンパクトな系における衛星の存在への制限について研究した.衛星の存在への制約を与えるにあたり,惑星のヒル半径とロッシュ半径についての考察をベースとしている.この結果を TRAPPIST-1 系に適用したところ,この系での惑星のほとんどは,衛星を持たない系であると考えられる.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック