忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1507.05963
von Essen et al. (2015)
A temperature inversion in WASP-33b? Large Binocular Telescope occultation data confirm significant thermal flux at short wavelengths
(WASP-33bの温度逆転層:短波長での有意な熱フラックスの確認)

概要

WASP-33bのsecondary eclipseを観測した。
観測波長は可視光線の ~ 0.55 μmと、近赤外線の ~ 1.05 μmであり、観測に用いたのは 2 × 8.4 mのLarge Binocular Telescopeである。

食の深さは 1.03 ‰である。
また惑星の輝度温度は 3398 Kであった。
過去の観測のデータを合わせて計算した結果、惑星の有効温度は 3358 Kとなった。

大気モデルと照らし合わせた結果、観測結果を説明するために惑星大気の温度逆転層は必要無い。しかし温度逆転層の有無を排除することは出来ていない。

WASP-33bは最も高温な惑星のひとつである。
観測から求められた平衡温度は、速い再放射と、低いアルベドの存在を示している。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック