忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1709.02017
Esplin & Luhman (2017)
A Survey For Planetary-mass Brown Dwarfs in the Taurus and Perseus Star-forming Regions
(おうし座とペルセウス座星形成領域における惑星質量褐色矮星のサーベイ)

概要

おうし座の星形成領域 (star-forming region) における,惑星質量褐色矮星のサーベイの初期結果を報告する.このサーベイでは,複数の地上望遠鏡と宇宙望遠鏡の装置を用いた,恒星の固有運動と測光観測から,おうし座領域における褐色矮星候補天体を同定した.

いくつかの有望な候補天体の分光観測結果から,おうし座領域における 18 個の新しい天体を発見した.これらの天体のスペクトル型は,中期 M 型から早期 L 型の範囲である.この中には,extinction-correlated Ks で知られている中で最も暗い 4 つの天体を含む.

これらの天体の質量の推定値は,天体の進化モデルを用いると 4 - 5 木星質量となる.

発見されたもののうち最も低温の天体の 2 つ (スペクトル型が M9.25 と M9.5 の 2 つ) は,中間赤外線でのスペクトルの超過を示した.これは,これらの天体が円盤を持っていることを示唆している.

M9 - L2 と M9 - L3 のスペクトル型を持つ 2 つの天体は,スペクトル型が L0 よりも晩期の型のスペクトルと比較すると,中間赤外領域での色が赤い特徴を示す.しかし,スペクトル型が L0 より早期の天体については測光学的な色はあまりよく定義されていないため,これが円盤が存在することによる超過であるかは不明瞭である.

また,Luhman et al. (2016) で同定されたペルセウス座領域の NGC 1333 星団と IC 348 のメンバー候補天体のスペクトルを取得した.そのうち,8 個の候補天体が星団のメンバーの可能性があると判断された,そのうちの 3 つは,星団の中で最も暗く,最も軽い ( ~ 5 木星質量) ものの一つである.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック