忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1803.02508
Zaghoo & Collins (2018)
Size and strength of self-excited dynamos in Jupiter-like extrasolar planets
(木星型系外惑星における自己励起ダイナモのサイズと強度)

概要

太陽系および太陽系外のガス惑星の磁化は,対流する流体内部の電子および質量輸送係数に決定的に依存している.ここでは,最近の実験室での金属水素の実験結果を解析し,木星に類似した惑星内部の新しい伝導率分布を導出した.

この改定された電気伝導度を,ポリトロープペースの熱力学状態方程式と組み合わせ,質量が 0.3 - 15 木星質量,同期自転したホットジュピターから高速自転する惑星までの,100 個の系外巨大惑星でのダイナモ効果を研究した.

その結果,導電性のコアのサイズは過去の推定よりも大きいことを見出したが,この値はジュノーの観測結果と整合的であった.このことは,より重い惑星でのダイナモは shallow-seated になる可能性があることを示唆している.

今回の結果からは,大部分の系外巨大惑星は 0.1 - 10 ガウスの双極性の表面磁場を持つことが期待される.これまでに発見されているよく知られたいくつかの系外惑星は,最大サイクロトロン周波数が数 MHz 〜 30 MHz の電波放射をすることが予想される.これは過去の推定より低い値である.
この研究は,太陽系外の磁場の観測的検出可能性に対して重要な結果をもたらす.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック