忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1805.01903
Vanderburg et al. (2018)
Detecting Exomoons Via Doppler Monitoring of Directly Imaged Exoplanets
(直接撮像系外惑星のドップラーモニタリングを介した系外衛星の検出)

概要

最近,Teachey et al. (2017) は系外衛星候補の検出を報告した,この候補天体は,暫定的にケプラー1625b I と呼ばれており,ケプラーで発見された巨大惑星の周りにあるとされている.

この系外衛星候補は,サイズと質量は海王星程度と推定されており,これは太陽系内のあらゆる衛星よりも相当大きい.もし存在が確定すれば,巨大衛星あるいは連星惑星としての新しい分類の天体の初発見例になる.

この惑星と衛星候補が大きな質量比を持つであろうことを動機として,ここでは似たような重い系外衛星が直接撮像されている系外惑星まわりに存在した場合の,ドップラー分光観測での検出可能性を調査した.

ケプラー1625b 周りの衛星候補の場合,惑星に対して衛星によって引き起こされる視線速度のシグナルは 200 m/s 程度である,これは,明るい近傍星を公転する直接撮像惑星周りの類似の衛星を,現在や次世代の装置で検出するのに十分な大きさである.

直接撮像惑星の視線速度サーベイは,系外衛星の探査の他にも,惑星の自転軸の配置を明らかにし得る.これにより,天王星類似天体を同定できる可能性もある.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック